【その他雑談】君は小宇宙(コスモ)を感じたことはあるか?

ねえよ。
と、自己完結したところで久々の更新です。
オブリネタで日記でも書こうと思ってたのにオブリが面白すぎてブログ更新してる暇なんかねえ!とかいう事態です。
オブリ熱もやや冷めてきたので暇見つけて徐々に更新していきます。

さて、タイトルは往年の名作『聖闘士星矢』(一応、「セイントせいや」と読む)からですが、最近昔に購入した文庫版を読み漁っています。



『聖闘士星矢』といや、連載当時は学校で特定の星座が差別されるというカースト制度のような風潮がありましたね。
もちろん、作中に登場する黄道十二宮を冠する黄金聖闘士(ゴールドセイント)の影響なんですが、劇中であまり活躍できなかったり悪役な奴の星座は蔑まれ、カッコよかったり強い奴の星座は神のように崇められていました。

例:「俺獅子座なんだけど、君何座? …蟹座~??ぷぷっ、デスマスクかよだっせぇwwwwww

今にして考えるとすげえ恥ずかしいことしてるなという思いがひしひししています。
まあ実際のところ、私の学校ではそれほど上記のような風潮はありませんでしたが。
大体区分けするとこんな感じですね。

勝ち組:双子、獅子、乙女、人馬
負け組:牛、蟹、魚

あとはどっこいどっこいって感じ。
後にハーデス編あたりで株が上がる奴は出てきますが、十二宮編ではこんなもんかと。
ちなみに管理人は双子座です。

まあこんなくだらん風潮が出来るくらいに十二宮編は凄く人気がありました。
私も星矢で一番好きなのは十二宮編です。当時は主人公の星矢たちより、圧倒的な強さの黄金聖闘士たちに惚れ惚れしてたもんです。
とりあえずネタもないので十二宮編に登場した黄金聖闘士について一人一人語っていこうかと思います。
抜けている奴が何名かいますが、あくまで十二宮編のみ、ということで。


牡羊座(アリエス)のムウ……初登場時は辺境に住む聖衣の修復家でしたが、牡羊座の黄金聖闘士として出てきたときは「お前かよ!!」とか思ったもんです。
まあ、十二宮編では戦う場面はなく、星矢たちの聖衣を修復して終わったのであまり印象はありませんでした。
そして細々と修理・解説役などで終わるかと思いきや、最後のハーデス編で蘇ったデスマスクとアフロディーテを相手に本気の強さを見せ、牡羊座の株を上げるのに貢献しました。
違う意味で蟹座と魚座の人にとどめを刺した人でもある。

牡牛座(タウラス)のアルデバラン……新たに現れた敵にボッコボコにされて強さの比較対照にされる可哀想な人。
黄金聖闘士の強さランク付けをすると真っ先に最弱候補にされる人でもある。
私はこの手のランク付けであまりに牛が過小評価されてないか?と毎回思うのですよ。
そりゃ確かに良くて相打ちな戦績だけど、ステータスダウン持ちとか不意打ちとかそんなんばっかりが相手なのが不運としか言いようがない。
「最初にグレートホーンを食らっていたら致命傷を受けていた」とか言われてるし、決して弱くは無いと思うんですよ。

双子座(ジェミニ)のサガ……十二宮編のラスボスです。幻朧魔皇拳、ギャラクシアンエクスプロージョンとラスボスにふさわしい破格な強さを持ってました。
ハーデス編でもあえて憎まれ役を引き受けて格好いい散り様を見せたり、弟が主人公そっちのけで大暴れしたりと双子座の私は狂喜。

蟹座(キャンサー)のデスマスク……全国の蟹座の小学生たちを不幸のどん底に叩き込んだ張本人。
初登場時こそ、紫龍相手に黄金聖闘士の実力を見せ付けるもそれ以後は転落の一本道です。
あじゃぱァーッ!!」とか情けない悲鳴を上げたり、外道すぎて蟹座の黄金聖衣に見放されたり、キレた紫龍にフルボッコされたりと散々な扱い。
一応ハーデス編で復活するも、何故かのりピー語で話してたり「マンモス哀れなヤツ」とか言ってたり本気出したムウにボッコボコにされるなど、もう目にも当てられません。
とどめにハーデス軍のラダマンティスに「雑兵の方がまだマシ」とか言われてます。
車田先生が蟹座の人に何か恨みがあるとしか思えない扱いぶりでしたが、私が一番好きな黄金聖闘士はデスマスクだったりする。

獅子座(レオ)のアイオリア……星矢の強化版、という感じの人。良く言うと熱血漢で悪く言うと脳筋なイメージ。
正直十二宮編では大した活躍してないのに(むしろ教皇(サガ)に操られていた)何故か世間の扱いは良かった。
ルックスは格好いいし、一秒間に一億の拳を放つライトニングプラズマのインパクトが勝ったか。
昔、聖闘士星矢の人形…所謂フィギュアが売られてましたが私は自身が双子座にも関らず何故か獅子座を持ってました。

乙女座(バルゴ)のシャカ……通称「最も神に近い男」。彼の登場が当時寒々としていた乙女座の男子の株を急上昇させることになった。
一応黄金聖闘士の中ではサガが最強ということになってるらしいのだが、どうにもシャカの方が実力的には上というイメージがある。
シリーズ通して大きなダメージを受けている場面が殆どない(精々ヘッドパーツ吹っ飛ばされるとかかすり傷程度)し、サガら黄金聖闘士三人相手に互角以上の戦いぶりを見せていたのが原因か。

蠍座(スコーピオン)のミロ……ファンの人には申し訳がありませんが、個人的には黄金聖闘士中最弱だと思ってます。
わざわざ15発打たなきゃ相手を殺せないスカーレットニードルという技があまり攻撃向きじゃない(技の説明を聞いてる限りは攻撃より拷問に近い)し、格下相手ならともかく、黄金聖闘士同士の戦いなら一発打った時点で相手の技で吹っ飛ばされてるような気がする。
あとスカーレットニードルを最後のアンタレスまで完全に決めてるシーンが一つもないのも強さを感じさせない原因かもしれない…。

山羊座(カプリコーン)のシュラ……右手に聖剣(エクスカリバー)を宿す男。
どんなものも切り裂く手刀、というのが派手さはありませんが渋くて好きです。
元々は立場的にデスマスクやアフロディーテと一緒だったのに死ぬ間際に改心したためかハーデス編では二人と比べて随分厚遇されてましたね。
実力的にも世間の評判的にも中堅あたりの人、というイメージです。

水瓶座(アクエリアス)のカミュ……困ったことに氷河の師匠、という以外に特に印象がない…。

魚座(ピスケス)のアフロディーテ……全聖闘士中で随一の美貌の持ち主、ということですが小学生の目からどう見てもオカマにしか見えませんでした。
大体、以前似たようなキャラでミスティという強烈なキャラがいたのでインパクト的にはイマイチ劣ります。
技が全てバラ投げで、実力を出し切ってない瞬に終始押され気味な展開という有様。
オカマ、バラ、弱いという三点が原因で大いに魚座の株が下がりました。


…とまあ、適当に語ってきましたがあくまで主観ってことでひとつお願いします。
トラックバックURL : http://clarabell.exblog.jp/tb/8043480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Clarabell | 2008-05-10 02:12 | その他雑談 | Trackback | Comments(0)

今日もよく耳が立っています。


by Clarabell