【FO3プレイ日記】RAD16:隠された歴史。

f0045635_015269.jpg
研究ラボ内にIntelligenceのボブルヘッドを発見。
ジェファーソン記念館へ行く前にリベットシティ絡みのクエストを消化してしまいます。





やることは
①グレイディッチのブライアン少年の住む場所探し。リベットシティにヴェラという知り合いがいる。
②メガトンのモイラさんの依頼でリベットシティの歴史を調べる。出来れば歴史の裏付けとなる物が欲しい
の二点です。


f0045635_03448.jpg
f0045635_092931.jpg
まず①ですが、ヴェラはリベットシティのホテルの経営者でした。
ブライアン少年のことを話すと、彼をうちに招待していいよと快くOKを出してくれます。
後は少年に伝えるだけです。

②は、とりあえずいろんな人に聞いてみますが大半が「この街には来たばかり」「興味ない」という答えばかりであまり進展がありません。


f0045635_0123434.jpg
f0045635_014515.jpg
市場で聞き込みをしていると雑貨店の店員であるシーグレイブという男が、古くからリベットシティにいるピンカートンという人物のことを教えてくれました。
しかし、ピンカートンは10年前にリベットシティから去り、折れた船首部の方で暮らしているとの事。


f0045635_0194192.jpg
試しに外へ出て船首部へ行ってみると、船首部の扉に向かって橋が架かっていた。
しかし、扉の難易度はベリーハード(ロックピックスキルが100必要)なので到底開けることなど不可能です。
いくらなんでもクエストを遂行するのにスキル100を要求されるとは考えにくいので、他の入り口が無いか探して見ます。


f0045635_0215691.jpg
まずは陸路から探してみますが、入り口らしいものはなし。


f0045635_0223561.jpg
水中に沈んでいる部分に入り口が無いか探してみる。
が、やっぱり入り口はない。


f0045635_0234041.jpg
f0045635_0235391.jpg
船首部が割れた場所で探してみると、水中に通路を見つけた。


f0045635_0252893.jpg
通路の奥の扉からようやく内部に侵入。
中も浸水している上に真っ暗なので、ライトが無いと息継ぎを出来る場所を探すのが大変です。何回か溺死してしまいました。


f0045635_0283523.jpg
階段を見つけて上に上がると、浸水してないエリアに出た。
しかし、そこでミレルーク二体と遭遇。


f0045635_0304912.jpgf0045635_030586.jpg
f0045635_0315100.jpg
ミレルークのほかにも、引火するガスやショットガンの罠、爆発するコンソール、地雷など罠がてんこ盛り。


f0045635_032964.jpg
f0045635_0321742.jpg
罠を回避して奥へ進むと、たくさんの機器が並んだ部屋へたどり着く。
そこに件のピンカートンがいた。ここでコンピュータ技術や外科手術などの研究をしているようです。
リベットシティの歴史について聞いてみると「俺がリベットシティを作り上げたんだ」と、歴史を語りだします。

彼が語るところ、40年前のリベットシティはミレルークが巣くっていて、海軍研究所の残党が船からミレルークを一掃。その後、彼らは船に残っていた技術室を利用し、ピンカートン率いる科学班による研究を開始。
研究が進むにつれて次第に人が集まりだして、今のリベットシティとしての街の形態が出来上がっていった。ということみたいです。
最初のリベットシティ市議会の記録を貰ったので、リベットシティの歴史の裏付けとなるでしょう。

そんな彼がなぜこんな所にいるかというと、18年前にやってきたDr.リーに科学班員を引き抜かれてしまい、半ば追い出されるような形でリベットシティから出奔、以後はこの折れた船首部を住みかとしているようです。
そのため、所々でDr.リーに対する恨み節を聞くことができます。


f0045635_030274.jpg
帰りは入り口の施錠をスイッチで外せるので、橋から帰れます。

とりあえずリベットシティ絡みのクエストは完了ですが、リベットシティで何かクエストを受けられないか探してみます。



f0045635_1164718.jpg

f0045635_116358.jpg
まずは戦前の遺物を収集しているアブラハム・ワシントンという老人から、公文書館に眠る独立宣言書を持ってきて欲しいと頼まれました。
公文書館は以前行った科学博物館の近くにあるようです。
[クエスト【Stealing Independence】開始。]


f0045635_121537.jpg
もう一つは研究ラボにいる、連邦なる所から来たDr.ジマーという怪しげな人物から、彼が作ったというアンドロイドの捜索を頼まれます。
アンドロイドの外見は見た目は人間そのもので(後ろにいるボディガードの男もアンドロイド)、しかも追跡を逃れるために整形手術や記憶の消去などを行っているかもしれないとのことだった。

そんなんじゃ探しようが無いだろと言いたいところですが、ジマーが言うところでは前述の手術をするためには医者や科学者と接触する必要があるので、ウェイストランド中の医者や科学者のオフィスを調べれば何かの記録が残っているはず、だそうです。

このリベットシティにも医者のDr.プレストンがいるので、まずはここから話をしてみてくれと言われた。
[クエスト【The Replicated Man】開始。]


f0045635_1325114.jpg
Dr.プレストンにアンドロイドのことを聞いてみると、一つのホロテープをくれた。
何でもこのウェイストランド中の医者や科学者に同じようなテープが出回ったらしい。

テープを再生してみると「自分は連邦のアンドロイドで、連邦からの追っ手から逃れるために整形手術が出来る医者や記憶消去を出来るコンピュータ技術者を探している」という内容だった。
プレストンはアンドロイドの件はホラ話だと思っていて、ホロテープ以外の手がかりは得られなかった。
手がかりはこのホロテープだけのようなので、街に寄ったら医者や科学者を調べてみることにしましょう。

二つのクエストを受領しましたが、どっちもリベットシティからちょっと離れないといけないみたいなので、保留にしておきます。
それじゃ、いよいよジェファーソン記念館へ行くことにしましょう。
by clarabell | 2010-05-09 02:03 | FALLOUT3

今日もよく耳が立っています。


by Clarabell
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31