【FFT-獅子戦争】1ヶ月は放置ですね。

加入したばかりのアグとムスタを育てるためにウォージリスとバリアスの谷を往復してました。
しかし谷は黒チョコボとかマインドフレイアとか厄介なのが多いのがネックです。
黒チョコボはチョコボールが痛すぎだし、マインドフレイアは星座相性が悪くない限りはほぼ確実にマインドブラストが決まって混乱させられるのが痛い。

f0045635_18444293.jpg
JPの稼ぎは汎用ならためるで簡単に稼げますが、見習い戦士のポジションが固有ジョブなアグとムスタではためるを覚えられないのでトードでカエルにして殴らせるしかありません。

何往復もしているうちに、ラムザ君が暗黒騎士になれるようになりました。
f0045635_18474466.jpg
PSP版で新たに追加された新ジョブですが、アビリティ名が「ダークウェポン」とか「イービルデッド」とかどうにもセンスなさすぎる名前…(´ω`)y-~
(ブラッドウェポンとウェポンバッシュはFFXIまんまだし)
中核となるのが「ブラッドウェポン」ですが、これはガフガリオンの「闇の剣」とまったく同じHP吸収技です。

f0045635_1853779.jpg
つーかエフェクトも闇の剣とまんま同じだし。
闇の剣どころか、他のアビリティも全てエフェクト使い回しというやっつけ作業(´ω`)
普通にガフのダークナイトと全部同じでええやん…。

しかも詠唱も
光を闇に変え、希望を絶望で覆い尽くせ! ウエポンバッシュ!
とか目を覆いたくなるほどのダサさだし…。

既存の詠唱と比べると「○○生が即興で考えました」感が強すぎるんだよね、暗黒の詠唱文は。
ブラッドウェポンと闇の剣の詠唱文を比較してみても↓
ブラッドウェポン
『血塗られた剣よ、闇の波動を解き放て! ブラッドウエポン!』

闇の剣
『神に背きし剣の極意 その目で見るがいい… 闇の剣!』
闇の剣の方が考えて作られてる感じがするし。





まあ、そんなこんなでイヴァリース暦で1ヶ月が経ってアグとムスタも十分に成長したのでようやくゴルゴラルダ処刑場に向かいます。

処刑場につくと
f0045635_1944786.jpg
今まさにオヴェリアが処刑されかかってるところでした。

1ヶ月なにしてたんだ?」とかいう突っ込みはしてはいけない。
その答えはすぐにわかりますが。

処刑寸前で処刑場に飛び込むラムザたち。
f0045635_1982081.jpg
しかし、突然笑いながら衣類を脱ぎ捨てる処刑執行人とオヴェリア。

f0045635_1992852.jpg
その下からはガフガリオンと弓使いの姿が。
この処刑自体が枢機卿とガフガリオンが仕組んだ罠でした。
アグはラムザを処刑場におびき寄せるための撒き餌として利用されたわけですね。

戦闘開始となるわけですが、処刑場に入る前に盗むをセットしておいた方がいいです。ガフガリオンが持つブラッドソードは密漁でしか買えない貴重品ですので、余裕があるならここで盗んでおきましょう。
攻撃力自体は珊瑚の剣と全く一緒なので無理にとる必要はないです。

戦闘の最中、ガフガリオンはラムザ君にイグーロスへ戻れと説得しますが、その会話でアグリアスはラムザがベオルブ家の一員であることを初めて知ります。
f0045635_19211043.jpg
アグが出撃してないと当然ながら見れません。

ラムザは、兄が仕組んだオヴェリアの誘拐事件関連の話にまったく関与してないことを告げると
f0045635_19241693.jpg
この一言。数少ないアグの見せ場。

ガフガリオンのHPを一定以下にするとガフガリオンは撤退します。
この面は数の差でも不利なので、ブラッドソードを盗めそうに無い場合はすぐにガフを撤退させてしまった方がいいです。

ガフガリオンを何とか退けたラムザ君は一路ライオネル城へと向かいます。

その頃、ライオネル城では
f0045635_19301877.jpg
ヴォルマルフと名乗る謎の騎士が捕われのオヴェリアに壮大なネタバレをしてました。
以前、ディリータが言っていた謎の組織の人間ですがこの時点ではその正体ははっきりしません。
枢機卿もこの組織に関与しているようです。

処刑場の戦闘終了後にバリアスの谷に移動すると、PS版には無かったウィーグラフのイベントが開始します。
f0045635_19371494.jpg
レナリア大地で戦死したミルウーダの墓の前で一人佇むウィーグラフ。

そこにローファルと名乗る一人の騎士が現れ、ウィーグラフに「我々の仲間にならないか」と誘いをかけます。
f0045635_19404142.jpg
初めはいぶかしんでいたウィーグラフですが、ローファルの「仇を討つのに一人では何もできない」という言葉に心が動き…。

このイベントは、PS版ではウィーグラフが神殿騎士団に何の前触れも無く加入していたのでそれのフォローで追加されたものと思われます。

いよいよ二章も終わりを迎えようとしています。

Copyright (C) 1997,2007 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved
by Clarabell | 2007-06-09 19:54 | 国産ゲーム全般

今日もよく耳が立っています。


by Clarabell
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31